大学生にもおすすめのスキルマーケット「ココナラ」とは?

副業

こんにちは、しゅんです
 

・家から出ずにお金を稼ぎたい
・自分のスキルを活かしてみたい

 
 
こういった悩みを持つ方に、「ココナラ」というサービスをご紹介します。
 
聞いたことがある方も多いかと思いますが、
 

得意を売り買い、ココナラ〜♪

 
というCMで有名なやつです。
 
とはいえ、名前は知ってるけど、どんなサービスか知らない、という方も多いと思うので詳しくご説明していきますね。
 

ココナラとは


ココナラを大雑把に説明すると以下の通り
 

個人のお悩み解決からクリエイターへの制作依頼までできる、スキルのオンラインマーケット

 
・・・少し抽象的すぎますね。例を出して説明します。
 
例えば、AさんにはWEBサイト制作という特技があったとします。
 
そのスキルをココナラに出品しておくと、WEBサイト制作を依頼したいBさんが買ってくれる、というわけです。
 
要はスキルを持った人と、悩みを持った人のマッチングサービスですね。
 

そんな大層なスキルないよ・・

 
こんな方にもおすすめです。
 
例えば、
 

・1時間話し相手になる
・アンケート調査代行

 
こういった内容でもスキルとして登録できる(実際に登録している人もいる)ので、特殊なスキルがない方でもとりあえず始めてみることが可能です。
 
ココナラに無料登録

ココナラの3つの特徴


 
ココナラの特徴として以下の3つが挙げられます
 

・CtoCのプラットフォームである
・どんなスキルでも出品できる
・オンラインで完結する案件も多い

 
ひとつづつ説明していきますね。

CtoCのプラットフォーム

 
ココナラはCtoCのプラットフォームです。耳慣れない方も多いかと思いますが、CtoCの意味は以下の通り
 

「Consumer to Consumer:個人間取引」の意味であり、消費者が消費者に対してモノやサービスを販売する形態のビジネスを指します。現在、このCtoCは非常に巨大なマーケットを形成しつつあり、多方面で注目されています。

 
要は、企業ではなく個人同士が物やサービスを販売し合うというビジネスのことです。
 
代表的なCtoCのサービスとして
 

・メルカリ
・Airbnb(エアービーアンドビー)

 
などが挙げられます。
 
一つのサービスで仕事を請け負うことも、お客さんとしても、使うことができるという特徴があります。
 

どんなスキルでも出品できる

 
お客さんの悩みを解決できるような物であれば、どんなスキルでも出品可能です。
 
例えば主な、カテゴリの一例をご紹介すると
 

・デザイン
・ウェブサイト制作
・動画編集
・ライティング
・翻訳

 
など、多種多様に渡ります。
 
中にはあなたの得意な分野もきっと見つかるはずです。
 

オンラインで完結する仕事も多い

 
よほど特殊な仕事を請け負わない限り、基本的にはオンラインですべて完結することが多いです。
 
特殊な仕事とは例えば以下のようなもの
 

・〇時間買い物に付き合う
・街頭アンケート代行

 
動画編集、アイコン作成、webページ作成などココナラの中ではメジャーな仕事を請け負うのであれば、基本的には在宅で最初から最後まで仕事を済ませられます。
 
ココナラに無料登録

大学生でも稼げるのか


結論:稼げます
 
理由は実際に大学生でもココナラを使って稼いでいる人がいるからです。
 
以下はTwitterからの例ですが
 


このように実際に大学生でもココナラを使って稼いでいる人もいるようです。
 
ただし、一定金額を短期間で稼ごうと思うとやはりそれなりのスキルが必要となります。
 

まとめ


いかがだったでしょうか。
 
この記事でお伝えしたかったことをまとめると以下の通り
 

・ココナラはスキルを売りたい人と買いたい人のマッチングサービス
・自分の得意なスキルが人の役に立つ
・大学生でも稼げる

 
自分自身のスキルを高める、実績を積む、といったことにも役に立つので、働いた分+αのものが得られるのも良いですね。
 
ココナラに無料登録

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました