【2020年版】せどり初挑戦者が不安に思っていた点と実際にどうだったかを徹底解説

副業

こんにちは、しゅんです。
 
この記事では「せどり」に関して全く初心者の私が、せどりを始める前不安に思っていた点実際にやってみてどうだったのかを解説していきます。
 
私が、せどりを始める前不安に思っていた点は以下の通り
 

・利益が取れる商品の探し方
・出品禁止商品を仕入れてしまわないか
・仕入れ後、納品までの流れがわからない
・そもそもどこで買ってどこで売ればいいのか
・本当に仕入れた商品が売れるのか

 
こんな感じ。実際に始めようか迷っている方もきっと同じような悩みを抱えている方もいると思います。
 
せどりについての情報はネット上に溢れていますが、せどり界隈の常識を知らない初心者だからこそわかちあえるような悩みや解決法を書いていきますので、せどり初心者の方は是非ご一読ください。
 

利益が取れる商品の探し方


まず最初に言っておくと、これを仕入れれば儲かる、という商品は基本的にはネット上で調べても出てきません
 
あったとしても、既に多くの人に知れ渡って売れなくなっている場合がほとんどです。なぜなら、そんな商品があれば人に言わずに独り占めしたいと思うのが普通ですからね。
 
そのため、自分で利益の取れる商品を仕入れて、それを売っていくというのがせどりの基本になります。
 
そして、商品をリサーチするツールとして「Keepa」という有料のツールを使います。
 
Keepaを使って見る点として、
 

①対象の商品が実施にAmazonでどれくらいの頻度で売れているか
②Amazonに出品した際の手数料を引いても利益が残る商品か

 
このようなことを意識すればOKですが、この記事では「せどり」ってフワッとどういうものかをお話ししているので、なんとなくツールを使うんだな、ということを頭に入れてもらえれば大丈夫です。
 
ちなみに、Keepaの使い方は以下のサイトで詳しく説明されています。
 
https://aqcg.jp/chinakeepa/

出品できない商品を仕入れてしまわないか


まず、Amazon出品の場合は「出品制限」がかかっている商品がある、ということをお伝えしておきます(他への出品の場合はわかりません・・)。
 
出品できない商品を仕入れてしまうと、仕入れた分丸々損してしまう可能性があるのではないか、という不安がありました。
 
これに関しては、Amazon seller central(Amazon出品者用のページ)で、実際に商品の出品ページまでいけるかどうか、で判断することができるので心配無用でした。
 

仕入れ後、納品までの流れがわからない


仕入れた商品をきちんと、出品できるのか不安ですよね。
 
私も出品方法のイメージがつかなさすぎて、始めるまでかなり躊躇しました。
 
けれども、Amazon出品用のアカウントに登録して、その心配は杞憂だったことを知りました。
 
これ、なぜか他のブログやyoutubeで語られないのですが、
 
Amazonには「Amazon出品大学」という出品・梱包・発送の方法をスライドや動画で懇切丁寧に解説してくれている手引きページがあるのです。
 
せどりブロガーやせどりyoutuberが偉そうに出品方法を解説していることの、ほとんどはこの「Amazon出品大学」にめちゃくちゃわかりやすく書かれているので、
 
まずはAmazonの出品者としてアカウント登録してみることをおすすめします。
 

そもそもどこで買ってどこで売ればいいのか


私が、今回仕入れをした場所と、出品をした場所は以下の通りです。
 

仕入れ場所・・・楽天市場
出品場所・・Amazon

 
出品場所に関しては、初心者は基本的にはAmazon一択だと考えて良いと思います。
 
理由は、商品の回転率が圧倒的だからです。
 
せどりにおいて一番怖いのは「商品が売れないこと」だと思います。
 
その点、AmazonはECサイトの中でも集客力が圧倒的ですから、出品した商品が売れ残ることも少なくなります。
 
まずは、少しでも低リスクで始められるAmazonに出品して場数を踏むのが得策でしょう。
 
また、Amazonには出品作業をAmazonが代行してくれるFBAというサービスもあるため、初心者でも非常に簡単に出品ができるのも魅力です。
 
FBAに関してはまた後日、別記事でご紹介しますね。
 
続いて、仕入れ先は色々意見はあると思いますが、私は最初に仕入れ先として「楽天市場」を選んでよかったと思っているため、その理由をあげておきます。
 

・初心者でも利益商品を探しやすい
・家から出なくて良い

 
理由を説明していきますね

楽天せどりがおすすめな理由①:初心者でも利益商品を探しやすい

楽天せどりが初心者でも利益が出しやすい理由は楽天市場での買い物時に付与される楽天ポイントも売り上げとして計上する、という特殊な手法をとっているからです。
 
「楽天市場」では、定期的にポイントアップのキャンペーンや、割引企画を行っており、取得できるポイントも含めると非常に利益商品が見つけやすいです。
 
取得したポイントは、実際の生活費にあてたり、再仕入れに使ったりすれば良いので、「実質的に」利益を生み出すことができます。
 
ただし一時出来にキャッシュは減ることになるので、それが許せないという方は別の方法を試した方が良さそうです。
 

楽天せどりがおすすめな理由②:家から出なくて良い

仕入れ先も出品先もネット上で済ませることになるため、基本的に家から出る必要がなくなります
 
私は家から郵便局が近いため、Amazonへの商品発送の際、郵便局まで商品を持っていきましたが、家まで集荷に来て貰えばその時に外に出る必要すらありません
 
実際にこれは結構なメリットだと感じていて、実は私は試しに実際の店舗にも仕入れに行ってみたことがあるのですが、商品を探すのに店内を歩き回るためかなり体力を消費します
 
また、商品のリサーチに「アマコード」というバーコードでリサーチできるアプリを使うのですが、店内でそれを使うのは結構恥ずかしいです・・・。
 
以上のような理由からまずは、「楽天市場」で商品を仕入れてみることをおすすめします。

本当に仕入れた商品が売れるのか


仕入れた商品が売れるかに関しては、本記事執筆時点(2020年7月12日)ではまだ検証中です。
 
なるべく、回転の早い(売れるのが早い)商品を出品したつもりですが、私自身もAmazonに出品するのは初めての経験のため、どうなるかわわかりません。
 
仕入れた商品が売れなかったら、最悪の場合仕入れ値分損をしてしまいますから、せどりをする上である意味ここが気になる点かと思います。
 
近日中にもう一度結果報告をいたしますね。
 

まとめ


いかがだったでしょうか。
 
せどりは、始めるまでのハードルが高いですが、一度やり方さえ覚えてしまえばやることは基本同じですし、月2〜3万円程度であれば、簡単に稼げてしまう予感がしています
 
また近いうちに、私の初出品の一部始終を記事にまとめたいと思いますので、興味がある方はぜひ私のTwitterアカウントをフォローしてお待ちください。
 
本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました