最低限生きていくためには月いくら稼げばいいのかを真面目に考察

雑記

こんにちは、しゅんです。
 
この記事では、「最低限生きていくためにはどれくらい稼げば良いのか」について真面目に考察しています。
 
こういった方におすすめ
 

・月いくら稼げば生きていけるのか知りたい
・できる限り働きたくない

 
結論として、1ヶ月に最低限稼がなければいけない額は以下の通り
 

結論・・・8万7000円

 
手取りでこの額です。年収に直すと100万円ちょっとでしょうか。
 
詳しく説明していきますね。

8万7000円の内訳

家賃・・・25000円
食費・・・30000円
水道光熱費・・・10000円
通信費・・・7000円
消耗品費・・・5000円
その他・・・10000円

 
前提として、住む場所の物価の違いだったり色々なものの相場によって月々にかかる費用というのも変わってきます。
 
また、フリーランスや自営業など自分で稼がれている方もいるでしょうから、手取りでこの金額が必要になる、と考えていただければと思います。
 

家賃25000円は可能か


結論、可能です。
 
例えばですが、賃貸物件検索サイトの「SUUMO」で以下のような条件で検索をしてみてください。
 

SUUMOで「岐阜県 多治見」「3万円以下」で検索

 
家賃が安い順でソートをかけると以下のような物件が出てきました。
 


出典:SUUMO

 
若干立地や住環境はよくないかもしれませんが、多少の不便さに目を瞑ればかなり安い賃料で生きていくことは可能です。
 

通信費を安く抑える方法


通信費はスマホ代と自宅の回線代を含めて「7000円」と表記しました。
 
通信費用としては格安に見えますが、「楽天」の以下のサービスを使えば、月7000円(税抜き)に抑えることが可能です。
 

・ネット回線:楽天ひかり
・スマホ:楽天モバイル

 
ちなみに料金は以下の通り
 

楽天ひかり・・・月額3800円(税抜き)
楽天モバイル・・・月額2980円(税抜き)

 
楽天モバイルに関しては以下の記事でも紹介しています。
 
楽天モバイルは2台持ちになっても契約すべき3つの理由
 

約9万円の生活は幸せか


結論、以下のような考えの人は幸せかもしれません
 

・出世などにあまり興味がない
・必要以上に働きたくない
・物欲がなく最低限の生活ができればそれでいい
・「消費」ではなく何がを「生産」することの方が楽しい

 
月9万円の生活であれば、おそらく「アルバイト」や「ネットビジネス」等で生計を立てていく方がほとんどだと思います。
 
例えばアルバイトであれば時給「900円」で計算して、
 

90000 ÷ 900 = 100時間

 
つまり最低月に100時間労働すれば事足りるということになります。
 
1日8時間、週3日働けばこの数字はほぼ達成できるということになりますから、労働時間としてはかなり楽な部類に入りますね。
 
しかし、人間は「承認欲求」によって「幸せ」を感じている側面もありますから、アルバイトなどの単純労働で「承認欲求」を満たせない場合はやめておいた方がいいかもしれません。
 

約9万円の生活のデメリット


月約9万円の生活をするとなると、以下のようなデメリットが考えられます。
 

・大きい買い物ができない
・家庭を持つのが難しい
・老後どうなるか不安
・カード・ローンなどに通りにくくなる

 
特に若いうちであればこの生活を続けていても問題はないのかもしれませんが、将来的に家庭を持ったりしたい、と考えるのであれば難しいかもしれませんね。
 
クレジットカード・ローンの審査は確実に通りにくくなるため、もし会社などを辞める場合は先に「クレジットカード」をつくっておきましょう。
 

まとめ


いかがだったでしょうか。
 
今回の例はだいぶ極端ですが、現在は普通に会社員として働いている方にとっても、こんな生活もあるという選択肢を知ることで、多少は気が楽になるのではないかと思います。
 
たとえ、月9万円の生活を送っていたとしてもそれによって人間としての価値が下がる、なんていうことは全くありません
 
本人が幸せであれば、それが一番ですからね。
 
それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました